au VoLTEは「シンクロ・コミュニケーションで生活革命を起こす」……KDDI発表会開催 | RBB TODAY

au VoLTEは「シンクロ・コミュニケーションで生活革命を起こす」……KDDI発表会開催

ブロードバンド 回線・サービス

KDDIが新サービス「au VoLTE」の発表会を開催
  • KDDIが新サービス「au VoLTE」の発表会を開催
  • KDDI 代表取締役社長の田中孝司氏がプレゼンテーションを行った
  • 音声通話×データ通信によるシンクロ・コミュニケーションで「生活革命」を起こすと宣言
  • 「通話時にハンドダウンされて3Gサインが表示されない」ことを示すLTE維持率は99.9%の高い数値を記録
  • 対応端末どうしでカメラで撮影中の映像が同期できる「カメラシンク」
  • 写真に手書きしながらイメージを共有できる「手書きシンク」
  • LG「isai VL」
  • 京セラ「URBANO」
 KDDI、沖縄セルラーは12月初旬からサービスが始まる4G LTEネットワークを活用した「au VoLTE」の発表会を都内で開催し、対応端末やサービスの詳細を田中孝司社長が壇上で紹介した。

■auのVoLTEは「シンクロ・コミュニケーション」による“生活革命”を起こす

 田中氏は冒頭で「auはいま“新しいステージ”を目指してサービスを充実してきた。ちまたでは各キャリアが提供するサービスや端末が横並びであるという同質性についても指摘されているが、auはお客様の期待を超える価値を提供しながらそれぞれを磨き上げていく」と宣言。「au VoLTE」の詳細について語り始めた。

 田中氏はauのVoLTEサービスの独自性についてこう説明した。「VoLTEについては、以前からauは少し違った取り組みをやっていきたいというメッセージを様々な場所で発信してきたつもりだ。高品質通話だけで終わらせては面白くないので、私は開発部門にハッパをかけてきた。その結果、今回始めるVoLTEサービスでは、音声通話とデータ通信の組み合わせによる“シンクロ・コミュニケーション”による生活革命を提案したい」

 またVoLTEサービスを支えるネットワークの進化についても強調。「Always 4G LTE」をスローガンに、auのLTEネットワークを強化してきたと田中氏は述べる。現在のauのLTE人口カバー率は99%を超え、「通話時にハンドダウンされて3Gサインが表示されない割合」を独自の指標として表した“LTE維持率”については99.9%を超える。田中氏は「auのスマホユーザーは、ほとんど3Gサインを見ることなく快適にLTEネットワークが使えることを実感いただいているだろう」と胸を張る。

 関連会社であるUQコミュニケーションズがWiMAX 2+のサービス拡張を発表したことについても触れた田中氏は、「直接VoLTEとは関係ないが、auの最新端末が対応しているWiMAX 2+は大きな強み。来春はTDD-LTEの2.6GHz帯で最大実行速度220Mbpsを目指す。同じく来春導入予定のFDD-LTEによる最大225MbpsのLTE-Advanced高速通信と合わせて、ダブルでネットワークを強化する」というauの方針について改めて言及した。

《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top