Superfly、新曲ジャケットで女性の優しさと強さを「白と黒」で表現 | RBB TODAY

Superfly、新曲ジャケットで女性の優しさと強さを「白と黒」で表現

エンタメ 音楽

『愛をからだに吹き込んで』初回版ジャケット写真
  • 『愛をからだに吹き込んで』初回版ジャケット写真
  • 『愛をからだに吹き込んで』通常版ジャケット写真
 音楽ユニットのSuperflyの新曲『愛をからだに吹き込んで』のジャケット写真が公開された。女性の優しさと強さを「白と黒」で表現している。『愛をからだに吹き込んで』は11月19日の発売予定。

 Superflyの新曲『愛をからだに吹き込んで』は、テレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の主題歌になっており、ドラマの主人公・大門未知子の「誰よりもたくましく、誰よりも優しい」というイメージをより膨らませて制作された。ジャケット写真の構想の際も、この延長上で「強さと優しさを持ち合わせた女性を表現すると面白いのでは?」というボーカル・志帆のアイデアから、今回のイメージが起こされた。撮影は特殊メイクにも初挑戦、黒を表現した部分には実際に黒いメイクを施している。

 このジャケット写真について、志帆は、「包み込むような優しい白と強くぶれない黒。両面が混ざり合ったグレーという色がこの曲のイメージカラー」と表現。続けて、「インパクトのある作品に仕上がってとても満足している」と語っている。

 『愛をからだに吹き込んで』は、11月19日からの発売が予定されている。なお、初回生産限定盤は、Superfly 恒例の紙ジャケット仕様となっている。
《》

関連ニュース

特集

page top