ロッテ、噛む回数を記録するイヤホン型ウェアラブルデバイス「LOTTE RHYTHMI-KAMU」開発 | RBB TODAY

ロッテ、噛む回数を記録するイヤホン型ウェアラブルデバイス「LOTTE RHYTHMI-KAMU」開発

 ロッテは21日、イヤホン型のウェアラブルデバイス「LOTTE RHYTHMI-KAMU」を発表した。耳に装着して噛む回数を記録するもので、スマートフォンと連携して咀嚼データを分析する。

IT・デジタル 周辺機器
イヤホン型ウェアラブルデバイス「LOTTE RHYTHMI-KAMU」
  • イヤホン型ウェアラブルデバイス「LOTTE RHYTHMI-KAMU」
  • 音楽再生・停止などの操作機能も搭載
 ロッテは21日、イヤホン型のウェアラブルデバイス「LOTTE RHYTHMI-KAMU」を発表した。耳に装着して噛む回数を記録するもので、スマートフォンと連携して咀嚼データを分析する。

 スマートフォンアプリと連携し、ユーザーの咀嚼のタイミング、リズム、累積回数など、様々なデータを可視化。音楽を再生する機能も備わっており、素早く2回噛むと音楽を再生し、再び素早く2回噛むと音楽を停止するといった操作も行える。アプリは現時点ではiOS版のみ。

 本体サイズは16.4(W)×26.5(H)×24.7(D)mm、重量は4.1g(片耳)。使用時間は約2時間で、Bluetooth 4.0も搭載する。現在開発中で、商品化の予定は未定とのこと。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top