ディズニー『ベイマックス』、日本版エンドソングはAIの未発表版『Story』!(動画) | RBB TODAY

ディズニー『ベイマックス』、日本版エンドソングはAIの未発表版『Story』!(動画)

エンタメ 映画・ドラマ

映画『ベイマックス』のエンドソング採用が決まったAI
  • 映画『ベイマックス』のエンドソング採用が決まったAI
  • 『Story (English Version)』
 シンガーソングライターのAIのヒット曲『Story』の英語版、『Story (English Version)』が、ディズニー映画『ベイマックス』の日本版エンドソングとして採用されることが決まった。映画『ベイマックス』は、日本時間の12月20日の公開が予定されている。

 同作品は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作として、公開前から注目を集めるアニメ映画。天才科学者の少年ヒロが、事故で亡くした兄タダシの遺したケア・ロボット“ベイマックス”とともに、失ってしまったかけがえの無い絆を取り戻す、というストーリーで、監督が「日本文化へのラブレターだ」と語るほど、日本にインスパイアされた要素が数多くちりばめられた映画となっている。この映画の日本版エンドソングとして、AIの「Story」の未発表の英語バージョン、『Story (English Version)』が採用されることになった。

 AIの「Story」の歌詞に込められた“優しさ”について、ディズニーの担当者が「(この映画のテーマのように)人と人との心のつながりを歌いあげている」と強く感じたことから、日本版エンドソングとして使用することをAI側に打診。幸運にも未発表のEnglish Version が存在していたことから、エンドソングとしての展開が実現することになったという。

 エンドソングとしての採用にあたり、AIは、「ディズニー映画は小さい頃から大好きだったので、本当に嬉しい。『Story』は、大切な人を想う気持ちを描いた(AI本人にとっても)大事な曲。人は、誰かとつながっている。決して一人じゃない…という『Story』のメッセージを、再び世の中に贈れることを幸せに思う」と語っている。

 映画『ベイマックス』は、日本時間の12月20日、全国の劇場公開が予定されている。

《》

関連ニュース

特集

page top