防犯システムの基本 Vol.5~記録装置の種類と特徴 | RBB TODAY

防犯システムの基本 Vol.5~記録装置の種類と特徴

ブロードバンド セキュリティ

一般的な記録装置の例。PC不要で再生が可能なので家庭用Blu-rayレコーダーとよく似ているが、入力端子の数が圧倒的に多い点が違う。
  • 一般的な記録装置の例。PC不要で再生が可能なので家庭用Blu-rayレコーダーとよく似ているが、入力端子の数が圧倒的に多い点が違う。
  • 三菱電機のネットワークカメラ用記録装置「ネカ録」。写真は6TBモデル(32入力)だが、上位機種では36TBもの大容量HDDを搭載するモデル(64入力)もある。
 防犯カメラで撮影した画像(映像)を保存するのが記録装置。一般的にはレコーダーともいわれる。最近のカメラはネットワーク化、あるいはデジタル化が増えているだけでなく、効率よく圧縮できるということもあって、記録媒体はデジタルのものが主流となっている。

 最も多いのがHDD(ハードディスク)。ここ何年かで大容量化と低価格化が進み、特にデスクトップPC用の3.5インチHDDはTB(テラバイト)の容量も当たり前に運用されている。24時間365日撮影し続けるためだったり、容量が大きいフルHD画質での撮影や複数台のカメラを集中管理するだけでなく、最近では1年以上の長期間の記録が必要な場合も珍しくない。

 このような場合は当然ながら大容量の記録装置が必要となり、20~30TBものHDDを備えた記録装置も登場している。

 一般的にHDDは衝撃に弱く突然動かなくなるというイメージもあるが、防犯カメラの記録媒体に限ってはその心配は少ない。カメラとは離れた位置に安置され、耐衝撃機能や冷却ファンを備えたモデルも多い。また、中にはバックアップのために複数台のHDDに同時記録を行うシステムまであるのだ。

 一方、廉価な一体型カメラの場合はmicroSDカードを内蔵するモデルが多い。ただし現状でmicroSDカードの最大容量は128GB(SDXCカードの場合)なので長期間の記録はできず、あくまで簡易的なものでしかない。もちろん、設置の手間や高価な記録装置、面倒な配線工事が不要というメリットもあるので、状況を選べばこのタイプでも何も問題ないケースもある。

 とはいえ、本格的な防犯カメラシステムに限っていえば、記録媒体はHDDにほぼ一本化されているのが現状だ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top