一般・個人向け「Office 365 Solo」、本日より販売開始 | RBB TODAY

一般・個人向け「Office 365 Solo」、本日より販売開始

ブロードバンド その他

新しいOfficeの特長
  • 新しいOfficeの特長
  • Office 365 Soloの販売イメージ
  • パッケージ製品との比較
 日本マイクロソフトは17日、最新版Office製品となる「Office 365 Solo」の一般向け・個人向け提供を開始した。

 「Office 365 Solo」は、法人向けに提供しているクラウド型サービス「Office 365」をベースにした製品で、買い切り永続のパッケージではなく、1年間のサブスクリプション(利用期間制限あり)製品として提供される。最新版のWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Access、Publisherが利用可能。

 「Office 365 Solo」は、最新版Officeデスクトップアプリケーション(PCおよびMac向け:合計2台)と、オンラインストレージOneDrive(1テラバイト)、マルチデバイスでのOffice製品利用(iPhone、Android、iPad)、Skype月間60分無料通話(公衆回線向け)、無償サポート「アンサーデスク」がセットになった「Office 365サービス」が利用可能だ。

 税抜参考価格は11,800円で、量販店およびオンラインストアより購入可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top