JTBとNTT、訪日外国人向け観光サービスの実証実験に着手 | RBB TODAY

JTBとNTT、訪日外国人向け観光サービスの実証実験に着手

ブロードバンド その他

アプリの画面イメージ
  • アプリの画面イメージ
  • 本トライアルの参加企業と主な役割
  • 利用者の嗜好に合わせた情報配信イメージ
 ジェイティービー(JTBグループ)と日本電信電話(NTTグループ)は6日、訪日外国人向け観光サービスによる「地域活性化トライアル」を実施することを発表した。

 福岡市および周辺観光地にて、Wi-Fiを活用した訪日外国人向け観光サービスの実証実験を、2014年10月14日~2015年3月31日の期間、実施する。スマートフォン/タブレット向け専用アプリケーションにより、訪日外国人にニーズの高い公衆無線LANサービス、観光地・グルメ・買物等の観光情報、クーポン等を複数の言語(日本語、英語、中国語、韓国語)で提供する。

 専用アプリはNTTグループが提供する「Japan Connected-free Wi-Fi」の機能を備え、同サービスに対応した公衆無線LANのエリアに入ると無料でWi-Fiが利用可能となり、同時に各種情報が提供される。QRコードを用いた多言語表示サービスや電話通訳サービスも提供される。

 利用促進に関しては、国内のみならず韓国や台湾のテレビやウェブサイトを中心に、アプリ利用の旅行をプロモーションする。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top