“フワぷに”ボディが劇場で触れる!『ベイマックス』300体が続々来日! | RBB TODAY

“フワぷに”ボディが劇場で触れる!『ベイマックス』300体が続々来日!

エンタメ 映画・ドラマ

『ベイマックス』来日  -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』来日  -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』来日  -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』来日  -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス 』-(C)2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』来日  -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
予告編映像や特別映像などをすでにチェックしたファンから、その“フワぷに”ボディのロボットに「触ってみたい!」という声が続出しているという、ディズニーアニメの最新作『ベイマックス』。このほど、ベイマックスが愛くるしい雰囲気そのままに、なんと300体も来日を果たしていることが明らかとなった。

本作は、ひとりぼっちの天才少年ヒロ・ハマダと、人々の心とカラダを守るため、人を傷つけることを禁じられた優しすぎるケア・ロボット“ベイマックス”が、ヒロの兄の死の真相を探る冒険を描いた感動エンターテイメント。

今回届いた写真には、“トウキョウ”のとある倉庫に続々と来日する、身長約2mの大きな “ベイマックス”の姿が! サンフランシスコと東京を融合して作られた架空都市“サンフランソウキョウ”で誕生した彼らは、今後、“トウキョウ”から日本各地の映画館を訪れ、その風船のように空気で膨らんだ“フワぷに”ボディで日本中をケアしていくという。

ちなみに、これまでに分かっているベイマックスの特長をまとめてみると、

名前:ベイマックス ――心とカラダを守るケア・ロボット。
目:日本の鈴からインスパイアされたつぶらな瞳は、瞬時に健康状態をスキャン。
ボディ:風船みたいに丸くふくらむ柔らかボディ。ハグされると最高に気持ちいい。
データ:傷ついた人の心とカラダを守ることをプログラムされている。
機能:ペンギンみたいな“よちよち歩き”で早く走れないが、圧縮空気とカーボンファイバーの骨組みで意外と丈夫。
性格:真面目、実直、誠実で優しいが…空気を読むタイプではなく、おとぼけな一面も。
弱点:人を傷つけることを禁じられた、優しすぎるところ。

この愛らしいベイマックスの顔のデザインは、監督のドン・ホールが日本を訪れた際に見つけた“鈴”にインスピレーションを受けたものだ。ドンは「東京に行ったとき、あるお寺で鈴に出くわした。2つの丸があって、その間に線があってね。どこかとても魅力的で、心が落ち着いたんだ。それがずっと心に残っていて、ロボットの顔になるべきだと感じたんだよ。このアイデアを元にキャラクターデザインが始まったんだ」と、ふり返る。

さらに、キャラクターデザイナーは日本で目にした、とある“生活必需品”に強い衝撃を受けたという。「デザインがシンプルで魅力的で、でも、その中にはスゴいテクノロジーを隠している。そういうクオリティがベイマックスに欲しかったんです。だから、それはデザインの起因になっています」と話し、なんと日本の“炊飯器”もデザインにひと役買っていたことを明かしてくれた。

こうして生み出されたベイマックスは、これから全国の劇場に順次設置され、実際にそのボディに触ることができるというから楽しみだ。

『ベイマックス』は12月20日(土)より全国にて公開。

“フワぷに”ボディが触れる!? 『ベイマックス』300体が続々来日!

《text:cinemacafe.net》
page top