アクションカメラ「GoPro」の新シリーズ「HERO4」……4K/30fps撮影に対応 | RBB TODAY

アクションカメラ「GoPro」の新シリーズ「HERO4」……4K/30fps撮影に対応

IT・デジタル デジカメ

4K/30fps撮影に対応した「HERO 4 Black Edition」
  • 4K/30fps撮影に対応した「HERO 4 Black Edition」
  • 「HERO 4 Black Edition」
  • 「HERO 4 Silver Edition」は1080/60p、720/120p撮影が可能
  • シリーズ初のタッチディスプレイを搭載
  • エントリーモデルの「HERO」
 米GoProは、アクションカメラ「GoPro」の新シリーズ「HERO4」2機種を発表した。上位モデルの「HERO 4 Black Edition」は4K/30p撮影に対応する。価格は59,000円(税別)で、10月中に発売される予定。

 「HERO 4 Black Edition」は、前モデルに比べて2倍の性能を持ち、映画品質の4K動画を30fps、2.7K動画を50fps、そして1080p動画を高速の120fpsで撮影可能。動きの速いシーンやベストショットの撮影に適し、スローモーション動画の撮影も行える。

 また、夜景や夜空撮影向けに「ナイト フォト」、「ナイト ラプス」モードも搭載し、最大30秒までの露出補正により超低照度であっても美しい画像が撮影可能。ハイライト・タグ機能により、撮影中にカメラのボタンを押すだけで重要な瞬間にマーキングすることもできる。

 オーディオシステムも全面的に再設計。前モデル比2倍のダイナミックレンジを実現し、高性能な音声記録が可能となっている。このほか画質の向上、フレームレートを自動調整するオート・ローライト、ハイライト・タグ機能、ユーザーインターフェースの大幅改良といった多彩な機能の刷新と使い勝手の良さを実現した。

 このほかWi-FiとBluetoothを内蔵。スマートフォンからの操作にも対応している。

 下位モデルの「HERO 4 Silver Edition」は、GoPro初のタッチディスプレイを搭載。4K/30p撮影は非対応で、1080/60fps、720/120fps撮影に対応。価格は47,000円(税別)。

 また、エントリーモデルで1080/30fpsや720/60fps撮影に対応する「HERO」も19,500円(税別)で発売される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top