ドコモ、LTE国際ローミングの対象国・地域・事業者を拡大 | RBB TODAY

ドコモ、LTE国際ローミングの対象国・地域・事業者を拡大

 NTTドコモは25日、海外でもLTEによる高速パケット通信サービスを利用できる「LTE国際ローミングアウト」の対象国・地域について、台湾、イギリス、スペイン、カナリア諸島、スペイン領北アフリカを追加した。

エンタープライズ モバイルBIZ
「LTE国際ローミングアウト」対応国・地域と対応通信事業者一覧
  • 「LTE国際ローミングアウト」対応国・地域と対応通信事業者一覧
  • 「LTE国際ローミングイン」利用イメージ
 NTTドコモは25日、海外でもLTEによる高速パケット通信サービスを利用できる「LTE国際ローミングアウト」の対象国・地域について、台湾、イギリス、スペイン、カナリア諸島、スペイン領北アフリカを追加した。

 スペイン、カナリア諸島、スペイン領北アフリカについては、ドコモが加盟しているConexus Mobile AllianceとVodafoneとの協業により拡大した。今回の拡大により、LTE国際ローミングアウトは合計20の国・地域で利用可能となる。

 また、海外の携帯電話事業者と契約しているユーザーが日本でドコモLTEを利用できる「LTE国際ローミングイン」についても、香港、シンガポール、ドイツ、トルコ、ルーマニアが対象として追加された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top