【木暮祐一のモバイルウォッチ】第59回 iPhone 6は想定範囲内、Apple Watchの未来に期待 | RBB TODAY

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第59回 iPhone 6は想定範囲内、Apple Watchの未来に期待

IT・デジタル モバイル

木暮祐一氏。青森公立大学 准教授/博士(工学)、モバイル研究家として活躍し、モバイル学会の副会長も務める。1000台を超える携帯コレクションを保有。
  • 木暮祐一氏。青森公立大学 准教授/博士(工学)、モバイル研究家として活躍し、モバイル学会の副会長も務める。1000台を超える携帯コレクションを保有。
  • iPhone 6
  • iPhone 6
  • Apple Watch
  • iPhone 6とApple Watch
  • Apple Watch(c)Getty Images
 米アップルは9日(現地時間)、4.7インチディスプレイの「iPhone 6」および5.5インチディスプレイの「iPhone 6 Plus」を発表した。

 残念ながら筆者は現地のイベントに参加することができず、Webを通じた発表会の映像や、報道内容、公表資料等を見た上での評価ではあるが、今回の新iPhoneはスマホとしての正統な進化に留まり、あまり目新しさを感じることができなかった。一方で、デザイン上の賛否はあるが、アップル初のウェアラブル端末「Apple Watch」の普及には期待を寄せている。

■Androidスマホと同じ進化の道を辿るのか?

 ディスプレイサイズが2種類になり、端末も大型化したというのは流出情報どおり、NFCが搭載されたほかは特に画期的な新機能も見られず、他のAndroidスマートフォンが多様なバリエーションから選べる昨今において、iPhoneにこだわる必然性がますます薄くなってきたような気がする。

 前回のコラムで新iPhoneを予想する記事を書かせていただいたが、国内通信キャリアに対するネットワークへの対応は想定通りだった。2.5GHz帯TD-LTEに対応したことはauおよびソフトバンクにとっては朗報だろう。その一方で、NTTドコモやauが採用する1.5GHz帯LTEには今回の新iPhoneでも対応しなかった。NTTドコモにとっては、従来のiPhone 5s/5cから対応周波数は増えていないことになる。

 一方、筆者の予想記事では、VoLTEやキャリアアグリゲーション(CA)の対応は見送りではないかとしていたが、これは期待を裏切られ、両方とも採用されることになった。日本のキャリアが今後順次導入していく両機能を活用できるということでは、新端末を2年先まで使うとした場合に対応周波数帯やLTEを活かすこれらの機能に関し不満無く活用できるであろう。

 モバイルサービスは、ネットワークと端末が歩調を合わせて進化させて行く必要がある。ネットワークだけ進化しても端末が対応していなければ、満足いくサービスを利用できない。同様に端末だけ進化しすぎても、ネットワーク側がついて行けなければ機能を十分に活用できない。そういう意味で、新iPhoneは先進国各国のネットワークの進化にしっかり順応させるためのモデルチェンジを果たしたといえる。

 前回のコラムにも書いたが、ディスプレイサイズの4インチから4.7インチへの拡張は、スマホの一般的な進化に足並みを揃えてしまっただけで、アップルがこれまで一貫して貫いてきた「手に馴染むサイズ」へのこだわりがここで立ち消えることになってしまった。せめて、4インチクラスの新iPhoneもラインアップに残して欲しかった(iPhone 5s/5cが継続販売されることになろうが、端末デザインやネットワークへの対応などは新iPhoneに準じたモデルに期待していた)。

 世界の中でも、日本はiPhoneの販売比率が突出して高い国である。初期のiPhoneは、機能も操作もシンプルで、分厚いマニュアルが無くとも、簡単に操作ができるといううことで、従来のガラケーからスマホとしてのiPhoneへの乗り換えに大きな貢献を果たしてきた。しかしながら、iPhone(というよりもiOS自体)が多機能化し、色々なことができるようになった一方で、操作が難しくなってきた面も否めない。

 すでにiPhoneを利用してきたユーザーは、Androidスマホへ移行するのも苦にならないであろうし、一方、まだガラケーを使っているユーザーに対しては「iPhoneなら簡単だし、安心」という勧め方がもはやできなくなりつつある。iPhoneにこだわる必然性が薄れてきたように感じる。それでも、日本市場においては、通信キャリアに課せられた販売ノルマ達成のために、引き続きiPhoneは大きな販売シェアを誇ることになるのであろうが。
《木暮祐一》

関連ニュース

特集

page top