KDDI、マンション向けの電力小売り事業に参入 | RBB TODAY

KDDI、マンション向けの電力小売り事業に参入

 KDDIは27日、マンション向けの電力小売り事業に参入することを発表した。9月1日から、新築および既築のマンション向けに、電気料金を従来よりも割安に利用できる一括受電サービス「auエナジーサプライ」の提供を開始する。

エンタープライズ その他
サービスの提供イメージ
  • サービスの提供イメージ
  • 割引プラン
 KDDIは27日、マンション向けの電力小売り事業に参入することを発表した。9月1日から、新築および既築のマンション向けに、電気料金を従来よりも割安に利用できる一括受電サービス「auエナジーサプライ」の提供を開始する。まずは東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県から開始し、順次提供エリアを拡大していくという。

 「auエナジーサプライ」は、KDDIが地域電力会社等から高圧電力を一括契約で調達し、マンションの共用部に設置する受変電設備で低圧電力に変換することで、従来の電気料金と比べてお得に電気を利用できる一括受電サービス。家庭で約5%を割り引くプラン、もしくは共用部で最大50%を割り引くプランのいずれかを選ぶことができる。割引率はマンションの構造によって異なるとのこと。また、マンション全戸にスマートメーターを設置して電気使用量をリアルタイムに"見える化"することで、電気の使い過ぎを抑え、電力消費の低減に貢献できるとしている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top