【レビュー】初回完売のFirefox OSスマホ「Flame」…… ファーストインプレッション | RBB TODAY

【レビュー】初回完売のFirefox OSスマホ「Flame」…… ファーストインプレッション

 Mozillaが開発を進めるモバイル端末向けOS「Firefox OS」を搭載するリファレンススマートフォン「Flame」が国内で発売された。今回は一般の方が購入することを想定して、本機のファーストインプレッションを報告したいと思う。

IT・デジタル スマートフォン
「Firefox OS」のリファレンススマートフォン「Flame」
  • 「Firefox OS」のリファレンススマートフォン「Flame」
  • 背面にカメラユニットやスピーカーを搭載
  • トップのイヤホン端子と電源ボタン。ボリュームボタンは側面に配置
  • ボトムにはmicroUSB端子
  • カバーを外した内側にmicroSDカードスロット、3G/2GのSIMカードスロットが
  • イヤホンとmicroUSBケーブルが同梱されている
  • Firefox OS 1.3のホーム画面
  • 日本語対応はまだ始まっていない
 Mozillaが開発を進めるモバイル端末向けOS「Firefox OS」を搭載するリファレンススマートフォン「Flame」が国内で発売された。7月28日の正午に発売され、瞬く間に完売となった本機を入手することができた。今回は一般の方が購入することを想定して、本機のファーストインプレッションを報告したいと思う。

■一般ユーザーも買える開発者向けリファレンスフォン

 Firefox Flameは、Mozilla Corporationが今年の2月、バルセロナで開催されたMWC 2014に出展した際に初めて発表した開発者向けのリファレンスフォン。アプリ開発や機能の検証、互換性テストなどに使える“開発者向け”と称されているが、一般ユーザーでもオンラインの「Yahoo! ショッピング OSSストア」から19,980円で購入できる。

 端末のスペックについて詳細は割愛するが、OSには最新バージョンであるFirefox OS 1.3を搭載。Qualcomm製Snapdragon200「MSM8210」1.2GHzデュアルコアプロセッサーを内蔵する。ディスプレイサイズは4.5インチで、解像度は854×480画素。メモリは1GBで、開発者がメモリサイズの適性検査が行えるよう256MBまでの範囲で可変としている。内蔵ストレージは8GBだが、microSDメモリーカードが外部媒体として使える。カメラユニットはメイン側が5メガ、イン側が2メガ。

 まずはパッケージ開封の儀式から。立派な化粧箱を開けると、本体のほかにmicro USBケーブルとイヤホンが付属品として同梱されている。本体の背面カバーとバッテリーは外されている状態だ。バッテリーはALCATEL onetouchブランドのもので、容量は1800mAh。本体背面にはmicro SDカードスロットのほか、3G/2GのデュアルSIMスロットを搭載する。FlameはSIMロックフリーの端末なので、MVNOのSIMカードなどを装着して国内でも通信ができる。カードのタイプは標準SIMになる。

■使い心地良くシンプルにまとめた「設定」の項目

 背面カバーを装着。5メガのカメラユニットと、その隣にはフラッシュが搭載されている。さらにその横にあるのはスピーカーユニットだ。中央にはFirefox OSのロゴをプリント。カバーの地の色はブラックではなくチャコールグレーに近い。本体を手に持ったフィット感は上々。エッジは緩やかにラウンド処理されていて、ケース自体のマットでスムーズな触感が心地よい。

 本体の電源を投入すると、使用言語のリストには日本語が見あたらない。日本語入力システムについては今後の追加配布が予定されているようだ。取りあえずはEnglishを選んで起動した。

 「設定」アプリを開くとBluetoothやNFC、テザリングの項目が並ぶ。「サウンド」では各種操作音やバイブ機能のON/OFFが選べる。プリセットのシステムリングトーンは15種類が並んでいて、「RingTone Picker」アプリを追加すれば任意の音源に変更もできる。「ディスプレイ」は自動輝度調整に対応。壁紙はギャラリーに保存された好みの写真に変えることもできる。ロック時スクリーンへのノーティフィケーション表示も設定からON/OFFが選べる。

 本体へのデータ転送は設定から「USBストレージ」をONにしてから、PCにUSBデバイスとして認識させてドラッグ&ドロップで行う。内部ストレージはアプリケーション用に2GBが確保されていて、残りがメディアストレージとして割り当てられている。ストレージの使用状況は設定画面上でモニターできる。さらに「Improve Firefox OS」として、Mozillaの開発をサポートするために使用レポートの送信を許可するかを選ぶ項目がある。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top