NEC、小松市のトマト農家へ農業クラウドを提供……生産力向上と人材育成 | RBB TODAY

NEC、小松市のトマト農家へ農業クラウドを提供……生産力向上と人材育成

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

トマトハウス内に設置されたセンサ
  • トマトハウス内に設置されたセンサ
  • 農業ICTクラウドの概要
 日本電気(NEC)は3日、石川県の小松市農業協同組合(JA小松市)の農家に、農業ICTクラウドサービスを提供したことを公表した。すでに5月末から全面稼働しているとのこと。

 JA小松市 施設園芸部会青年部に属する農家5軒の、トマトを栽培するハウス12棟に、温度や湿度などのセンサを設置し、環境データを自動収集するシステムとなっており、経験や勘に頼っていた作業を数値で確認可能になるという。M2Mソリューション「CONNEXIVE(コネクシブ)」を、施設園芸の監視に活用した。

 具体的には、トマト栽培を行っているハウス内に温度・湿度・炭酸ガス量・照度のセンサを設置し、データを定期的に自動収集してNECのクラウドに蓄積。これらのデータを自動的にグラフ化し、パソコンやスマートフォンに表示する。

 また、農作業の計画・実績や、農薬散布の回数・量などをweb上で登録できる営農日誌機能も提供しており、日々の作業を簡単な操作で記録できるとともに、過去実績の閲覧も容易になる。

 本サービスを導入した農家からは、「ハウス内の環境が数値として見える化されたことで、トマトの成長に必要なCO2濃度が想定より低いことが判明し、対応が必要なことが分かった」「導入した農家同士でハウス内環境などの情報交換を行う機会が増加し、ノウハウの共有や作業の改善活動が加速した。新たに農業に就く障壁も下がる可能性がある」といった評価を得られたとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top