Twitterタイムライン上で電子書籍を読める技術、角川とTwitterが開発 | RBB TODAY

Twitterタイムライン上で電子書籍を読める技術、角川とTwitterが開発

ブロードバンド ウェブ

Twitter ePubビューワーの動作イメージ
  • Twitter ePubビューワーの動作イメージ
  • 「Tw-ePub」の利用の流れ
 角川アスキー総合研究所とTwitter Japanは2日、電子コミック・電子書籍などの「ePubデータ」をツイートに埋め込み、Twitterのタイムライン上で閲覧できる技術(ePubビューワー)を共同開発したことを発表した。

 ユーザーはタイムラインから他のサイトへ遷移することなく、手軽に作品の内容を確認できる。またその作品が気に入った場合は、購入サイトへ移動したり、その作品をリツイート(RT)したりすることも可能。

 本技術に対応したePubは、コンテンツ配信サイト「Tw-ePub」(ドメイン:tw-epub.com)を使い配信。「Tw-ePub」で公開されている電子書籍(保存されたePubデータ)は、Twitterでのタイムライン埋め込みに対応し、Twitterアカウントを持っていれば、誰でもePubを埋め込んだツイートが可能となる。

 対応デバイスはPC、スマートフォン、タブレット。KADOKAWA以外の出版社を含む、2万点を超える作品の掲載依頼がすでにあるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top