宮沢りえが堕ちていく……角田光代のベストセラーを映画化した『紙の月』特報映像が解禁 | RBB TODAY

宮沢りえが堕ちていく……角田光代のベストセラーを映画化した『紙の月』特報映像が解禁

エンタメ 映画・ドラマ

『紙の月』主演の宮沢りえ
  • 『紙の月』主演の宮沢りえ
  • 『紙の月』ポスター
 女優・宮沢りえ主演で、直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を映画化した『紙の月』が11月15日に公開。今回その特報映像が初解禁となった。

 同作は、バブル崩壊直後の1994年が舞台。銀行の契約社員として外回りの仕事をしながら真っ当な人生を歩んでいたはずの平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢)が、夫の自分への関心が薄くなり空虚感が漂いはじめていたある日に、年下の大学生・光太とであったことをきっかけに、顧客の預金に手をつけてしまったことから次第に金銭感覚と日常が少しずつ歪みだし、落ちていく様を描く。『桐島、部活やめるってよ』の鬼才・吉田大八監督がメガホンをとる。

 今回の特報では、カトリック聖歌をバックにそれに似つかわしくない言葉と梨花の表情が映しだされ、まだ誰も見たことがない宮沢りえの演技に本作で出会えるという期待を感じさせる映像となっている。

 『紙の月』は11月15日公開。
《花》

関連ニュース

特集

page top