NTTデータグループと統計学会、データサイエンティスト育成プロジェクトを開始 | RBB TODAY

NTTデータグループと統計学会、データサイエンティスト育成プロジェクトを開始

 NTTデータ、NTTドコモ、NTTナレッジ・スクウェア、日本統計学会の4者は9日、データサイエンティスト育成プロジェクトを発足させた。日本オープンオンライン教育推進協議会公認の大規模公開オンライン講座(MOOC)サイト「gacco(ガッコ)」を活用する。

エンタープライズ その他
プロジェクトの概要
  • プロジェクトの概要
  • 講座の内容・提供期間等
 NTTデータ、NTTドコモ、NTTナレッジ・スクウェア、日本統計学会の4者は9日、データサイエンティスト育成プロジェクトを発足させた。日本オープンオンライン教育推進協議会公認の大規模公開オンライン講座(MOOC)サイト「gacco(ガッコ)」を活用する。

 大規模公開オンライン講座(MOOC:Massive Open Online Courses)は、Web上で誰でも無料で参加可能な、大規模かつオープンな講義を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービス。「gacco(ガッコ)」は、ドコモとナレッジ・スクウェアが運営するMOOCサイトだ。

 本プロジェクトは産官学が連携し、「gacco」において、統計学の基礎的な概念からビジネスに役立つ実践的な応用まで、さまざまな統計学講座を2014年11月(予定)から開講する予定。NTTデータは、人材育成・研修事業を手掛けるグループ会社のNTTデータユニバーシティを通じ、2014年12月(予定)から「gacco」のオンライン講座と連携した反転学習型の研修を提供する。

 講座は、統計学会が推薦する複数の大学教授陣が講師を務め、統計学会が統計検定を通して体系化している“統計教育質保証”に沿う内容となる。総務省統計局も統計学会に協力し、公的統計の利用方法に関する講座を提供するという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top