日本マイクロソフト、「Xbox One」を39,980円で9月4日発売……Kinect版は49,980円の予定 | RBB TODAY

日本マイクロソフト、「Xbox One」を39,980円で9月4日発売……Kinect版は49,980円の予定

IT・デジタル その他

「Xbox One」は39,980円
  • 「Xbox One」は39,980円
  • マイクやカメラなどKinect同梱の「Xbox One + Kinect」は49,980円
 日本マイクロソフトは27日、9月に発売する予定の家庭用ゲーム機「Xbox One」の国内価格を発表した。「Xbox One」は39,980円、Kinect同梱の「Xbox One + Kinect」は49,980円(いずれも参考価格)。

 同社は「Xbox One」を9月4日に発売。「Xbox One + Kinect」に関しては、具体的な発売日および価格は別途案内するとしている。専用アクセサリとして、ワイヤレスコントローラー、「プレイ&チャージ キット」、ステレオヘッドセットなども「Xbox One」本体と同時発売する。

 おもなアクセサリの価格は、ワイヤレスコントローラー5,980円、「プレイ&チャージ キット」2,480円、ボイスチャットヘッドセット2,480円、ステレオヘッドセット7,980円。Kinectセンサーも単体で発売される(価格は未定)。

 国内発売に向け、48社(2014年5月27日現在)のゲーム メーカーが「Xbox One」への参入を表明しているという。マイクロソフトからは「Forza Motorsport 5」、「Kinect スポーツ ライバルズ」などが本体発売と同時に発売となる。

 「Xbox One」は、昨年11月に米国などで発売。当初はKinect同梱版のみを販売していたが、日本では本体版とKinect同梱版を分けて発売する。無線LANを内蔵し、500GBのストレージ(HDD)とBlu-rayプレーヤーを搭載する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top