新宿南口・紀伊國屋書店、洋書売場リニューアル | RBB TODAY

新宿南口・紀伊國屋書店、洋書売場リニューアル

エンタメ その他

紀伊國屋書店は、新宿南店(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2タカシマヤタイムズスクエア)6階の洋書売り場を拡大し「ブックス キノクニヤ トーキョー(Books Kinokuniya Tokyo)」として5月29日にオープンする。

フロア全域である991.73平方メートルに拡大。同店海外店舗をモデルに日本最大規模の洋書空間を目指す。ターゲットは、海外文化や刺激に興味を持つ日本人と、東京近郊で英語を使って日常生活を営む推定40万人の外国人。在庫冊数を現在の2倍である12万冊に増量し、従来から扱っている専門書に加え、フィクション、絵本・児童書、海外マガジン、フランスやイタリアなど英語圏外の書籍、海外コミック・アメコミを強化。公衆無線LANスポットが設置され、問い合せやニーズに対応する専門洋書バイヤーも常駐する。

開店を記念し6月1日まで全商品20%割引セールを実施し、2,000円以上購入した先着100名に特製トートバッグをプレゼントする。ポール・オースター(Paul Auster)の『闇の中の男(Man in the Dark)』刊行を記念し、翻訳者の柴田元幸によるトーク&サイン会も開催(スケジュール未定)。その他、日本人作家の文学書について英文書を中心に多数取りそろえる常設コーナー「ジャパン イン ワールド リテラチャー(Japan in World Literature)」、英語絵本読み聞かせ会などのイベントを予定している。

新宿南口・紀伊國屋書店、洋書売場リニューアル。無線LAN、バイヤー常駐

《くまがいなお》

関連ニュース

特集

page top