富士通、OpenStack対応のプライベートクラウド基盤製品群を強化 | RBB TODAY

富士通、OpenStack対応のプライベートクラウド基盤製品群を強化

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「FUJITSU Cloud Initiative」における強化ポイント
  • 「FUJITSU Cloud Initiative」における強化ポイント
  • 販売価格、および提供開始時期
 富士通は21日、オープンなクラウド環境「OpenStack」に対応したプライベートクラウド製品・サービスの強化を行うことを発表した。

 「OpenStack」技術をベースとしたプライベートクラウド基盤製品、および、ハイブリッドクラウド環境に向けた、プライベートクラウドとパブリッククラウドのサービスカタログ統合管理ポータル製品を提供する。また、Red HatのOpenStackディストリビューションである「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform」の構築・運用支援サービスを新たに提供する。

 OSS活用を支援する「OSSインテグレーションセンター」のセンター員を中核に、開発/フロントSEを含めた700名の体制で、提案から事前検証、設計、構築、サポートまで、ワンストップで支援。さらに、「Systemwalker Service Catalog Manager」を強化し、OpenStackのAPIを活用したマルチクラウド環境に対応する。これにより、オンプレミスを含むプライベートクラウド、各社のパブリッククラウドまでを一元管理することが可能となる見込みだ。また基盤ソフトウェア「ServerView Resource Orchestrator」を強化し、OpenStackに対応したAPIを提供する。

 今後は、クラウド環境のワークロード配備・運用を自動化するワークロード管理ソフトウェアを提供していく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top