JR西日本が豪華寝台列車を導入へ……編成定員30名、1両1室も | RBB TODAY

JR西日本が豪華寝台列車を導入へ……編成定員30名、1両1室も

エンタメ その他

JR西日本が導入予定の寝台列車
  • JR西日本が導入予定の寝台列車
  • 1両1室タイプの客室
  • 1両1室タイプの客室
  • 1両3室タイプの客室
 JR西日本は21日、2017年春運行開始を予定している、豪華寝台列車の概要を発表した。10両編成全体で定員は30名程度、列車に1つしかない最上級の客室は1両1室の広いスペースとし、プライベートバルコニーや、バスタブ付きの本格的なバスルームを設ける。

 編成は客室車6両と、パブリックスペースである食堂車1両、ラウンジカー1両、展望スペース付き先頭車2両(編成の両端)から成る10両編成とする。動力方式は、ディーゼル発電機で発電した電力とバッテリーアシストによるモータ駆動とのハイブリッド方式。

 客室は2クラスの客室(1両あたり1室と3室)を設け、定員は30名程度を予定している。編成両端の展望スペースからは列車の前後左右の車窓を楽しめるほか、列車後方ではオープンエアのデッキを利用できる。

 運行開始は2017年春を予定。京阪神と山陰・山陽エリアでの運行を予定している。JR西日本エリアには、京都や松江、出雲や宮島等の歴史・文化が豊かな地域や、日本海や大山、瀬戸内海などの自然が数多く残っている。これらの日本の姿を再発見する旅を、上質な空間とともに楽しむことを提案する。運行の途中で沿線の立ち寄り観光を組み込むとともに、列車には沿線の素材を盛り込み、沿線の魅力が溢れる列車とする。

 車両のインテリアを中心とした全体デザインについては、京都迎賓館をはじめホテルや各種迎賓施設にも携わり空間デザインに造詣が深い「浦一也」氏が、車両のエクステリアデザインについては、寝台列車や N700系新幹線をはじめ数多くの鉄道車両のデザインを手がけている「福田哲夫」氏が、列車での食事については、食の権威として数多くのメディアで活躍する「門上武司」氏が手がける。

 JR西日本では、「中期経営計画2017」において地域共生企業となることを掲げ、地域と一体となった観光振興の推進を目指している。この取り組みのひとつとして、新たな寝台列車を導入する。

 豪華寝台列車としてJR西日本は、JR北海道などと共同で1989年から大阪~札幌間に「トワイライトエクスプレス」を運行している。JR東日本もJR北海道などと共同で、上野~札幌間に「カシオペア」を運行する。周遊タイプではJR九州が「ななつ星in九州」を2013年に就航させて人気だ。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top