「音声品質向上とカケホーダイでVoLTE推し」……ドコモ加藤社長・質疑応答 | RBB TODAY

「音声品質向上とカケホーダイでVoLTE推し」……ドコモ加藤社長・質疑応答

エンタープライズ モバイルBIZ

質疑応答に答える加藤社長
  • 質疑応答に答える加藤社長
  • 囲み取材の様子
  • VoLTEをアピールした
  • メリットの一つは音声品質の向上
  • 発着信の速度も向上する
  • 通話中のデータ通信も高速に
 NTTドコモは14日、2014夏モデルのスマートフォン・タブレット新製品、および「VoLTE」による通話サービスの発表会を開催した。同社社長の加藤薫氏は発表会後に記者からの囲み取材に応じた。発表会壇上での質疑応答の内容と合わせて紹介する。

――他社に先駆けてVoLTEを導入した意図は。音声通話の利用が減少していると言われているが、VoLTEにより挽回できるのか。

本日に先立って発表した新しい料金プランではカケホーダイというサービスを用意した。もう一度「音声通話」をコミュニケーションの基本として見直してもらいたいという気持ちを込めている。よりクリアな音声品質で通話ができる点がキー。確かに利用数は減少し続けているが、VoLTEのクリアな音質を体験していただければ、音声通話がもう一度魅力的に感じられると思う。その時にはカケホーダイである価値も活きてくるはず。

――VoLTEは対応端末どうしでないとメリットが得られないが、PHSや固定回線と通信したときにも高品位な接続ができるようになるのか。

コーデックの関係で結果として高音質になるものなので、基本は対応端末どうしが条件になる。

――VoLTEのビデオコールが発表されたが、3G時代にもビデオ通話は余り使われていなかったように思う。今回始めるにあたって、どんな工夫をするのか。FOMAや他社のビデオ通話とも使えるのか。

VoLTEの端末どうしでしか使えない。キャラ電などオプションサービスについてはこれから考える。過去のビデオ通話と違うのは、画面が大きくなって通信品質も上がったスマートフォンだからこそ楽しめる世界があると思う。過去と状況が変わってきている。

――VoLTEで音声通話中に4Gから3Gへ切り替わったときには通話状態は引き継がれるのか。

引き継がれる。

――他社のVoLTE網との接続は可能になるのか。

これはやっていく必要がある。テストをしていきたい。

――VoLTE対応端末はどれくらい売れるとみている。

数は申し上げられない。6月1日から新料金が始まるのにともなって、高品位な音声通話の魅力が口コミで広がりながらVoLTEユーザーが増えていって欲しい。

――6月下旬にVoLTEということだが、正確な日付は絞れないのか。

まだネットワークと端末間の最終チェック段階。半月前ぐらいには公表したい。

――新料金プランの発表後の引き合いは。

色んな意見をいただいているが、iPhone投入時と同じぐらいポジティブな反応。数も多い。まだ魅力を伝え切れていない部分もあるだろうが、CM等でさらに認知を広めていきたい。

――新料金プランとVoLTEによる音声通話の品質向上は固定電話の契約者減に影響しないのか。

固定電話はある部分でモバイルと競合する部分もあろうが、一方では家庭に1本固定回線を引いておきたいという方も多いはず。実際にモバイルとどちらをより頻繁に使うようになるかについては、今後利用のされかたに差は出てくるかもしれない。

――VoLTEの登場により周波数利用効率が上がって、特にデータ通信の品質に好影響があるということだが、どの程度の効果とみている。

例えば2GHz帯では5MHz幅を4バンド持っているが、うち一つをLTEの方に回せるということを考えている。数値的なものをいま計算して公開するということは考えていない。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top