ソニー、2013年度通期業績見通しを下方修正……当期純損益は1300億円の赤字に | RBB TODAY

ソニー、2013年度通期業績見通しを下方修正……当期純損益は1300億円の赤字に

エンタープライズ 企業

VAIO Fit 13A 『SVF13N29EJS』
  • VAIO Fit 13A 『SVF13N29EJS』
  • ウォークマン「F880シリーズ ヱヴァンゲリヲンモデル」『NW-F887』
 ソニーは、2014年2月6日に発表した2013年度(2013年4月1日から2014年3月31日まで)の連結業績見通しを修正し、5月1日に発表した。最終赤字は1300億円に増える。PC事業収束に関する費用と、海外におけるディスク製造事業の現存が要因。

 売上高及び営業収入は、2月時点の見通しが7兆7000億円だったものを微増の7兆7700億円としたものの、営業利益は同じく800億円から67.5%マイナスの260億円、税引前利益は800億円から67.5%マイナスの260億円、同社株主に帰属する当期純利益(損失)は1100億円の赤字から1300億円の赤字に赤字幅を増やした。

 対前年度比では、売上高及び営業収入は14.3%プラス、営業利益は88.7%マイナス、税引前利益は89.4%のマイナスとなり、当期純利益は430億円の黒字だった。

 連結営業利益見通しの下方修正の要因は、2013年度にPC事業収束に関する費用約300億円の追加計上が見込まれることと、主に海外におけるディスク製造事業において、約250億円の減損の計上が見込まれること。

 2月6日にPC事業収束を発表した後、2013年度および2014年度のPCの販売見込みが2月時点の想定を下回ったことにより、余剰となった春モデルの手元部品に対する評価減や、仕入先の発注済部品に対する補償の計上が見込まれる。また、構造改革費用が一部前倒しで計上される予定だ。これらにより、総額約300億円の費用の追加計上が見込まれる。

 海外におけるディスク製造事業については、主に欧州でのディスクメディアの需要が想定以上に縮小しており、減損の計上を見込んだ。ディスク製造事業全体の公正価値が減少したため、営業権の減損の計上を見込んでいる。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top