ハリウッド版の新『GODZILLA』、“リアル”にこだわったゴジラ | RBB TODAY

ハリウッド版の新『GODZILLA』、“リアル”にこだわったゴジラ

エンタメ 映画・ドラマ

『GODZILLA』カット (c) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC
  • 『GODZILLA』カット (c) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC
  • 『GODZILLA』ポスター (c) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC
 ハリウッドで新たにリメイクされる特撮映画『GODZILLA』のビジュアルが24日、解禁された。

 日本が誇るキャラクター「ゴジラ」が、1954年の誕生から60年を経て再びハリウッドの超一流スタッフ・キャストによって映画化される。内容の詳細は明かされていないが、テーマは「リアル」、ストーリーは「極秘」。もし今、人知をはるかに超えるゴジラが現れたら、我々は何を感じ、何をなすのか……、といった内容で描かれるようだ。

 徹底的なシミュレーションを重ね、アクション映画の枠を超えた繊細なドラマに練り上げたという今作。ゴジラ自体の造形、動きもリアルにこだわり、ゴジラ本来の存在感を持ちつつ、これまでの映像技術では表現できなかった精細な動きが加味され、全く新しい、これまでで最大(約350フィート=100メートル超)のゴジラ像をフルCGで作り上げたという。

 ゴジラに対峙するキャスト陣にはハリウッド有数の実力派が集結。主演に『キック・アス』の若手実力派、アーロン・テイラー=ジョンソン。1954年の第一作『ゴジラ』の精神を受け継ぐ科学者役に、日本を代表する名優・渡辺謙。さらに、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・クランストンらが感動のドラマをつむぐ。監督は新鋭のギャレス・エドワーズ氏が担当する。

 『GODZILLA』は7月25日公開。なお、全国の劇場では4月25日より新ポスター・チラシが掲出され、新予告編が上映される。
《花》

関連ニュース

特集

page top