ゆめいよ!!……『呪怨』新作の主題歌、鬼束ちひろの書き下ろし | RBB TODAY

ゆめいよ!!……『呪怨』新作の主題歌、鬼束ちひろの書き下ろし

エンタメ 映画・ドラマ

『呪怨 - 終わりの始まり -』 (c) 2014『呪怨 - 終わりの始まり -』製作委員会
  • 『呪怨 - 終わりの始まり -』 (c) 2014『呪怨 - 終わりの始まり -』製作委員会
  • 鬼束ちひろ
 6月より全国公開となる映画『呪怨 - 終わりの始まり -』の主題歌が、鬼束ちひろの書き下ろし楽曲「祈りが言葉に変わる頃」に決定した。鬼束は「怖いと思う ゆめいよ!!呪うと思う ゆめいよ!!」とコメント……。

 主題歌の「祈りが言葉に変わる頃」は、『呪怨』をイメージして鬼束ちひろ本人が書き下ろした新曲。恐怖、哀しみ、一縷の望みと、物語とシンクロする内容に仕上がっているという。楽曲は今後、映画の予告編や、6月28日から劇場公開される本編のエンドロールに使用される。

 主演を務める佐々木希は、以前から鬼束の楽曲のファンであり、今回のコラボに関して「鬼束さんの歌声は迫力があり『呪怨』の謎めいた世界観にぴったり合う曲だと思いました」とコメント。

 『呪怨 - 終わりの始まり -』は6月28日より新宿バルト9ほか全国公開。

<あらすじ> 小学校3年生の学級担任を急きょ務めることになった結衣(演:佐々木)は、不登校を続けている生徒・佐伯俊雄の自宅を訪問した。その家は、足を踏み入れたもの全てが奇妙な死を遂げる「呪われた家」だったのだ……。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top