目黒区、1人1台タブレットPCを活用する授業の実証研究を開始……MS・NEC・NTT東が協力 | RBB TODAY

目黒区、1人1台タブレットPCを活用する授業の実証研究を開始……MS・NEC・NTT東が協力

エンタープライズ その他

目黒区立第一中学校の導入システム図
  • 目黒区立第一中学校の導入システム図
  • 主なICT環境
 目黒区教育委員会は4月21日、目黒区立第一中学校において、生徒1人1台のタブレットPCや電子黒板等最新のICT環境を活用した授業を実施し、その効果を検証する実証研究「MPL21(Meguro Proactive Learning for the 21st-century)」を開始した。

 「MPL21」は、学習指導要領が定める「言語活動の充実」を図り、生徒の「主体的に学ぶ態度」「協働的問題解決能力」の育成などを目的とするもの。実施期間は2014年4月~2015年3月31日の予定で、目黒区立第一中学校の全生徒154名が対象。

 日本マイクロソフト、日本電気、NTT東日本が、Windows 8.1 Pro搭載タブレット「VersaPro J タイプVT」70台、電子黒板「BrainBoard 65型」2台、光回線「フレッツ 光ネクスト」1回線、その他 無線LAN環境、充電保管庫、サーバ、デジタル教科書、授業支援システムといったICT環境整備と、ICTの効果的な活用促進のために必要な研究支援員(ICT支援員)等を提供する。

 目黒区立第一中学校では、生徒が自分の意見を電子黒板で発表したり、生徒同士がグループで議論しながらタブレットPCでレポートを作成したりする「言語活動の充実」に主眼を置いた授業を計画的に実践していく方針だ。目黒区教育委員会では、本実証研究の成果を踏まえて、2015年度以降の区立学校におけるICT活用授業をいかに推進していくかを研究していく。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top