和田アキ子の等身大フィギュア登場……ご利益、ご利益 | RBB TODAY

和田アキ子の等身大フィギュア登場……ご利益、ご利益

エンタメ その他

和田アキ子の等身大フィギュア(向かって左)と本人
  • 和田アキ子の等身大フィギュア(向かって左)と本人
  • 和田アキ子の等身大フィギュア(向かって左)と本人
  • 和田アキ子の等身大フィギュア(向かって左)と本人
  • 採寸される和田
  • ヘアサンプルを手に持つ和田
 アトラクション施設「マダム・タッソー東京」(東京臨海都心)では、14日より歌手・和田アキ子の等身大フィギュアを展示する。本人の希望とこれまでの活躍、そして、来場客向けアンケートで「フィギュアを見たい」という回答が多かったことから、フィギュア化が実現した。

 特にこだわったのはヘアスタイルだそうだ。和田自身が「どんぐりカット」と呼んでいる髪形を再現するべく、125種類以上のヘアサンプルから本人の髪質と似ている物を選び、最後に和田のヘアスタイリストがカットして仕上げた。衣装は、2009年9月に米ニューヨークのアポロ・シアターで公演した際に着用したものを、和田が提供した。制作費はおおよそ2000万円。

 完成したフィギュアが公開されたのは13日、自身がメインMCを務めるTBS系TV番組「アッコにおまかせ!」内。10日に誕生日を迎えたばかりの和田にプレゼントとしてお披露目された。フィギュアと対面した和田は「ゾッとするくらい似てる」と、嬉しそうに触ったり、肩を並べていた。「精巧に出来ていて、ビックリしました。横から見ると、『あぁ、私こんな顔してたんだな』と思いますね」とコメント。

 マダム・タッソーのフィギュアになると決まった時の感想を和田は、「世界の著名人・文化人・アーティストなどがフィギュアになっているので、光栄に思いました」と述べる。シッティング(計測)は東京都内で2013年10月31日に行なわれた。頭と顔の150カ所以上を計測し、20人以上のマダム・タッソーの彫刻師たちが制作した。「採寸は大変でした。歌っている表情がいちばん良いと言われたので、筋肉の位置を測るため声を『あー』って何度も出して、計測ポイントを少しずつずらしながら撮影するという繰り返しで……」と和田。

 和田の等身大フィギュアは14日からマダム・タッソー東京に展示される。「今は『進撃の巨人』に似てると話題になっていますが、『歌手・和田アキ子』に親しみを持って、怖がらずに楽しんでもらいたいです。なかなか現物の和田アキ子とは逢えないしタッチも出来ないでしょうけれども、私の手は大きくてご利益があると言われているので、手だけでも触ってもらえればと思います」(和田)。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top