イオン、フェリカポケットマーケティングを連結子会社化……WAONの活用範囲を拡大 | RBB TODAY

イオン、フェリカポケットマーケティングを連結子会社化……WAONの活用範囲を拡大

エンタープライズ 企業

イオンモール
  • イオンモール
  • 「Felicaポケット」利用イメージ
  • 「Felicaポケット」サービス詳細
 イオンは4月11日、フェリカポケットマーケティング(FPM)の株式を取得することについて、FPM株保有企業のソニー、大日本印刷、ぐるなび、丹青社の各社と合意したことを発表した。すでに3月31日付で株式を取得し、連結子会社化している。

 フェリカポケットマーケティングは、非接触ICカード技術「FeliCa」の活用ツール・ノウハウを、自治体などに向け提供している企業。ポイントやスタンプラリー、クーポン、会員認証、クローズドマネー等に利用できるアプリ「Felicaポケット」を扱っている。

 主な株主はソニー60.0%、大日本印刷22.5%、ぐるなび12.5%、丹青社5.0%だったが、今回、イオングループが合計74.9%(イオン60.0%、イオンフィナンシャルサービス14.9%)を取得した。残りは
ソニーが15.1%、大日本印刷が10.0%を保有する。

 イオンは2007年4月から、非接触ICカード技術「FeliCa」を活用した電子マネー「WAON」のサービスを提供している。「ご当地WAON(寄付つき)」の取り組みも全国各地で進めており、現在84種類を発行している。

 今後はFPMが展開するICカードサービス「FeliCaポケット」を活用し、「WAON」に商店街の独自ポイントやクーポンサービス、行政サービスも搭載し、利用者の利便性を高めるのが狙い。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top