hi-ho、「hi-ho LTE typeDシリーズ」に音声通話対応SIMを14日から提供 | RBB TODAY

hi-ho、「hi-ho LTE typeDシリーズ」に音声通話対応SIMを14日から提供

 ハイホーは11日、同社のMVNOサービス「hi-ho LTE typeDシリーズ」で音声通話に対応する「音声通話対応SIMカード」を4月14日から提供すると発表した。

IT・デジタル スマートフォン
「hi-ho LTE typeDシリーズ」
  • 「hi-ho LTE typeDシリーズ」
 ハイホーは11日、同社のMVNOサービス「hi-ho LTE typeDシリーズ」で音声通話に対応する「音声通話対応SIMカード」を4月14日から提供すると発表した。

 「hi-ho LTE typeDシリーズ」は、下り最大150MbpsのXi(LTE)に対応したNTTドコモのネットワークを利用したMVNO方式の通信サービス。「音声通話対応SIMカード」により、SIMロックフリーのスマートフォンやタブレットに挿して利用することで、NTTドコモの通信網を使った通話が可能になる。

 従来の「データ通信専用SIM」や「SMS機能対応SIM」でも無料通話アプリを使った通話は可能だったが、「音声通話対応SIMカード」では電話回線を使った固定電話、フィーチャー・フォンへの通話、緊急通話(警察や消防)等が可能となる。

 利用料金は、「hi-ho LTE typeDシリーズ」の月額利用料金とは別に月額1,000円。通話料金は従量制で、通話料金が20円/30秒、SMS送信料が3円/1通(国内への送信)、50円/1通 (国外への送信)、100円/1通 (国外での送信)となる。SIMサイズは標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類が用意される。

 同社では、2014年5月中旬頃に他社からのMNP転入への対応や会員専用ページでの通話履歴明細表示機能の提供も予定している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top