SAP、アジア地域初のデータセンターを東京・大阪に開設 | RBB TODAY

SAP、アジア地域初のデータセンターを東京・大阪に開設

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「SAP」日本サイト
  • 「SAP」日本サイト
 SAPジャパンは4月7日、SAP AGがアジア太平洋地域で初となるデータセンターを、東京と大阪の2都市に開設したことを発表した。4月1日より稼働開始している。

 世界では4カ国目となるデータセンターとして、SAP HANA Enterprise Cloudサービスを提供する。SAP HANA Enterprise Cloudは、SAP HANAに対応した基幹業務システムのSAP Business SuiteやSAP NetWeaver Business Warehouseの他、SAP HANAで強化された新しいアプリケーションを提供するもの。

 SAPでは、今回開設するデータセンターを、SAP HANA Enterprise Cloudのサービス提供拠点としてだけでなく、パートナーエコシステムを拡大するためのデータセンターとしても位置付けており。日本だけでなく、SAPのアジア太平洋地域のクラウドビジネス全体をカバーする拠点となる見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top