“NHK娯楽番組は低俗”発言に批判噴出……ロンブー淳、「テレビを知らない証拠」 | RBB TODAY

“NHK娯楽番組は低俗”発言に批判噴出……ロンブー淳、「テレビを知らない証拠」

エンタメ ブログ

“低俗”だとやり玉にあげられたNHKの人気番組「着信御礼!ケータイ大喜利」
  • “低俗”だとやり玉にあげられたNHKの人気番組「着信御礼!ケータイ大喜利」
  • NHK娯楽番組への「低俗」発言に反論したロンドンブーツ1号2号・田村淳
 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳は、25日の衆院総務委員会でNHKの一部バラエティ番組の内容に対し「低俗」などと批判の声があがったとする報道を受け、「テレビを知らない証拠だ!」と自身のTwitterで反論している。

 日刊スポーツの報道によれば、同委員会で日本維新の会の中田宏衆院議員が、「ケータイ大喜利」などNHKが製作する一部バラエティ番組について「あまりにも民放のまねをしすぎ」などと指摘し、NHKが放送する番組としてふさわしいのかとの疑問を呈したという。

 このニュースはネット上でも大きな話題となり、「時代劇や歌合戦が高尚でコントや大喜利が低俗っていう価値観は何なんだろう」「ケータイ大喜利の面白いさを理解出来ないなんて…ほんと残念だわー。」「ケータイ大喜利のあのスタイルのバラエティはNHKならでは,って気がするし,ユーモアがあると思うんだけどなんで難癖つけるのかな?」などといった反対意見が多数あがった。

 田村もこの件についてTwitterで触れ、昨今のNHKについては「今のNHKの幅の広いテレビプログラムは他の局が真似できない内容のもので、視聴者の気持ちを汲み取って、新しいNHKに変わろうとしてると僕は感じるけど」と自身の見解を示した上で、同議員の意見について、「NHKという公共放送の中で、バラエティ番組を作るのは本当に難しいと思う。他の局に比べて制約も多い…そんな難しい状況で番組作りをしてる人達に低俗だって言えるのは、テレビを知らない証拠だ!」と批判。

 バラエティ番組に対する高尚/低俗の評価が何を基準に線引されるものかは不明だが、田村は“低俗”と表現されたことについて、「少し譲って低俗でもいいや… 低俗なバラエティ番組と高尚なバラエティ番組両方ある事が、多種多様なモノを求められる時代の視聴者への歩み寄り方なのではないですか?」と持論を展開して、同議員の意見に反論している。
《花》

関連ニュース

特集

page top