カリスマバイヤー藤巻幸夫の葬儀に2600人参列 | RBB TODAY

カリスマバイヤー藤巻幸夫の葬儀に2600人参列

エンタメ その他

カリスマバイヤー藤巻幸夫の葬儀に2600人参列、大西洋三越伊勢丹社長が弔辞
  • カリスマバイヤー藤巻幸夫の葬儀に2600人参列、大西洋三越伊勢丹社長が弔辞
3月15日に死去した藤巻幸夫(幸大)・参議院議員の告別式が20日、東京・芝の増上寺で行われ、雨の中約900名が参列。19日に行われた通夜には1,700名を超える人々が参列し、故人を偲んだ。

葬儀は結いの党と藤巻家の合同葬で行われ、告別式では江田憲司・結いの党代表が弔辞で「カリスマバイヤーとして日本、世界を駆け巡り、常に新しい流れを巻き起こした藤巻氏のパワーは、政界入りしても想像以上、期待以上の働きだった。クールジャパンにおけるデザインやブランディングで日本を元気にしようという活動はまさに命を掛けた仕事ぶりだった」と、早すぎる死に無念さがにじんだ。

また生前、故人と毎日何度も電話で話したと言う大西洋・三越伊勢丹HD代表取締役社長は弔辞で、「彼が伊勢丹在籍中に手掛けた売り場は今も我々の大きな財産。突然電話を掛けてきて、いきなり見ず知らずの漁師さんや、地方の地場産業を支える若い作り手と話をするという機会は、彼しか与えてくれなかった貴重な時間だった」と述べ、次々と人をつなげるその希有な存在を改めて印象付けた。

通夜には政界、財界、ファッション関係、百貨店関係だけではなく、ビートたけし、アントニオ猪木など多くの著名人が姿を見せ、その交友の広さが浮き彫りにされた。

カリスマバイヤー藤巻幸夫の葬儀に2600人参列、大西洋三越伊勢丹社長が弔辞

《編集部》

関連ニュース

特集

page top