NTTドコモ、タッチ対応2.4型液晶搭載のモバイルルータ「Wi-Fi STATION HW-01F」を22日に発売 | RBB TODAY

NTTドコモ、タッチ対応2.4型液晶搭載のモバイルルータ「Wi-Fi STATION HW-01F」を22日に発売

IT・デジタル 周辺機器

「Wi-Fi STATION HW-01F」オレンジモデル
  • 「Wi-Fi STATION HW-01F」オレンジモデル
  • 「Wi-Fi STATION HW-01F」ホワイトモデル
 NTTドコモは17日、2.4インチのタッチパネルディスプレイを備えるモバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi STATION HW-01F」(Huawei製)を3月22日に発売すると発表した。

 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps(理論値)のXi(LTE)に対応するモバイルルータ。LTEは800MHz/1.5GHz/1.7GHz/2.1GHzの4バンドに対応しているほか、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/nに対応している。Wi-Fiでは、屋外でも5GHz帯を利用できるDFS(Dynamic Frequency Selection)機能も搭載する。

 2.4インチディスプレイでは、各種の設定変更が可能。接続設定も専用アプリで端末本体のQRコードを読み取るだけで完了する。バッテリー容量は1,780mAhで、連続待受時間はLTEで約380時間、3Gで約420時間、連続通信時間はLTEで約7時間、3Gで約6時間。10台の同時接続が可能。本体サイズは高さ57mm×幅90mm×奥行13.5mm、重量は約98g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top