出世するし女性にモテるし幸せになる……だと!? “ちょい掃除”の効果 | RBB TODAY

出世するし女性にモテるし幸せになる……だと!? “ちょい掃除”の効果

エンタメ 調査

「お掃除に関する意識・実態調査」
  • 「お掃除に関する意識・実態調査」
  • 「お掃除に関する意識・実態調査」
  • 「お掃除に関する意識・実態調査」
  • 「お掃除に関する意識・実態調査」
  • 「お掃除に関する意識・実態調査」
 気付いた時にすぐに掃除をする“ちょい掃除”派の人は出世しやすく、しかも女性にはモテるし、ダイエットにも成功しやすいなど幸福な人生を送ることができる---。そんな、興味深い調査結果が出ている。

 新しく一人暮らしを始める人が増える新生活シーズン。これまで実家暮らしで掃除は親まかせだったという人でも、1人で生活するとなると、掃除は自身の役目となってくる。掃除をする頻度は人それぞれ、環境によっても様々だろうが、あなたがもし出世を望み、幸せな暮らしを送りたいと願うならば、ほこりに気がついた時にはマメに掃除をする“ちょい掃除”派になるのが良さそうだ。

 スウェーデン生まれの掃除機メーカー、エレクトロラックス・ジャパンが20代~40代の男女計600名を対象に実施した「お掃除に関する意識・実態調査」によると、「ほこりに気付いた時に掃除機を使ってすぐに掃除をしますか?」との質問に「必ずする」「ほぼする」と回答したのは38.8%と約4割弱。

 では、掃除が仕事にどのような影響を与えるのか。ちょい掃除を「する人」と「しない人」とで、現在の仕事においての役職に違いがあるかを調べてみたところ、役員クラスの役職に就く人数の割合は、ちょい掃除をする人は13人に1人いるのに対し、ちょい掃除をしない人(「あまりしない」「全くしない」)は41人に1人という結果に。どうやら、“ちょい掃除”の習慣がある人は、出世しやすい傾向にあるようなのだ。

 また、ちょい掃除をしている人の90%は、仕事だけでなくプライベートにおける着信やメールにもすぐに折り返しをしているという結果が出ており、プライベートでの着信やメールへのレスポンスが早い人(「必ずする」「ほとんどする」)は、8.5人に1人が役員クラスの役職であるのに対し、レスポンスが遅い人(「ほとんど出来ていない」「全く出来ていない」)が役員クラスの役職に就く割合は、56人に1人という結果となっている。つまり、ちょい掃除をしている人は他人への配慮が行き届いているので、着信やメールへのレスポンスが早く、そうした性格や習慣こそが周りからの信頼を築き、将来的な出世に繋がっているとも言えそうだ。

 次に、“ちょい掃除”がもたらす幸福感についての調査結果を見てみると、ちょい掃除を「必ずする」人の幸福度は71.2%と平均値(64.7%)より高く、また、ちょい掃除を「ほぼする」人は64.5%、「あまりしない」人は61.6%、「全くしない」人は51.0%と、ちょい掃除の徹底具合に比例して幸福度が変動している。

 さらに、ちょい掃除をする人としない人のダイエット成功率を比べてみたところ、ちょい掃除を「必ずする」人は74.1%と7割以上の成功率でしたが、ちょい掃除を「あまりしない」人は44.9%と成功率が5割を下回っており、ちょい掃除とダイエット成功率は比例しているという結果に。

 また、女性に対して「男性にしてもらって嬉しい家事は何ですか?」と聞いたところ、「部屋の片づけ」「掃除」が同数で1位に。女性は、男性に料理や洗濯より掃除をしてもらうことに嬉しさを感じているようなのだ。

 ……と、この調査結果によれば良いこと尽くめの“ちょい掃除”。掃除が苦手な人は参考にしてみてはいかがだろうか。
《花》

関連ニュース

特集

page top