桃太郎を実写化、小栗旬起用 | RBB TODAY

桃太郎を実写化、小栗旬起用

エンタメ その他

ペプシネックス ゼロ新CM「桃太郎『Episode.ZERO』」篇
  • ペプシネックス ゼロ新CM「桃太郎『Episode.ZERO』」篇
  • CMに楽曲を提供した「ザ・ヘヴィー(THE HEAVY)」
  • CM曲が収録されたアルバム『ザ・グローリアス・デッド(The Glorious Dead)』
サントリー食品インターナショナルは、「ペプシネックス ゼロ」のリニューアル発売に合わせ、俳優・小栗旬を起用した新TV-CM「桃太郎『Episode.ZERO』」篇を3月8日から全国で順次オンエアする。

日本の昔話『桃太郎』をオリジナルストーリーで実写化した新CMは、新しくなった「ペプシネックス ゼロ」の美味しさを実現するために挑み続けるペプシブランドの姿勢を“Foever Challenge”というテーマで表現。桃太郎役には小栗旬を起用し、ハリウッド映画を彷彿とさせるスケールでドラマティックに描いている。

また、新CMの音楽には、イギリス南部のバースで結成された4人組バンド「ザ・ヘヴィー(THE HEAVY)」の「Same Ol'」を採用。彼らは、60・70年代のロック・ソウル黄金期とヒップホップ以降の音楽を融合させたスタイルで、大ヒット映画『テッド』にも楽曲を提供している。また、「Same Ol'」は、現在発売中の3rdアルバム『ザ・グローリアス・デッド(The Glorious Dead)』にも収められている。

「ペプシネックスゼロ」新CMで桃太郎を実写化、小栗旬起用

《編集部》

関連ニュース

特集

page top