スカパーJSAT・WOWOWら、不正B-CASカード販売で3億円超の損害賠償を提起 | RBB TODAY

スカパーJSAT・WOWOWら、不正B-CASカード販売で3億円超の損害賠償を提起

ブロードバンド セキュリティ

B-CASカード
  • B-CASカード
  • 「不正改ざんカード」に関するQ&A(ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズのサイトより抜粋)
 スカパーJSAT、スター・チャンネル、およびWOWOWの3社は2月20日、「不正B-CASカード」の販売者3名に対して、損害賠償の支払いを求める民事訴訟を東京地方裁判所に提起した。

 この3名(埼玉県在住、いずれも35歳)には、有料放送を無料で視聴できるように不正に改ざんしたB-CASカードを、ネット経由で5,000枚以上販売。不正競争防止法違反の罪で、2013年11月に有罪判決が下っている。

 今回3社は、3億2590万9127円の損害賠償請求を提起したとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top