「江戸桜ルネッサンス&夜桜うたげ」開催 3月7-30日 | RBB TODAY

「江戸桜ルネッサンス&夜桜うたげ」開催 3月7-30日

エンタメ その他

江戸切子の花吹雪(イメージ)
  • 江戸切子の花吹雪(イメージ)
  • 江戸桜リウム(イメージ)
  • 影絵によるお花見(イメージ)
  • 江戸桜ルネッサンス &夜桜うたげ
  • 手漉き和紙の桜の回廊(イメージ)
  • 着物が織りなす桜並木(イメージ)
アートアクアリウムプロデューサー・木村英智が手掛ける展覧会「江戸桜ルネッサンス &夜桜うたげ」が3月7日から30日まで、日本橋三井ホールで開催される。

アートアクアリウムとは、空間デザインや演出と金魚が織りなすアート作品。昨夏に同会場で開催された展覧会は、50万人を動員し話題となった。今回は、そのプロデューサーである木村が手掛ける新しい展覧会。「花見」をテーマに、江戸時代の日本橋の歌舞伎役者の屋敷で開催される花見を会場に表現する。本物の桜の花は一輪も用いず、着物やガラス細工、陶器など日本の伝統工芸品による新感覚の花見体験を演出する。

木村のアートアクアリウム最新作「江戸桜リウム」も登場。江戸切子のグラス約1,000個でできた高さ約2.5m、直径約4mの巨大「江戸切子シャンデリア」と、金魚を水面に舞い散る桜の花弁に見立てた作品「桜リウム」からなる複合作だ。更に照明演出によって、豪華絢爛でありながら儚い満開の桜を表現する。

期間中は毎日19時から、ドリンクを飲みながらゆったりと鑑賞できる「夜桜うたげ」を行い、会場内には「夜桜BAR」が現れる。また、週末は現代と伝統の新旧・豪華アーティストのスペシャルライブを予定している。

更に、本展のために老舗の京菓子司「老松」、御菓子司「亀末廣」、老舗茶舗「福寿園」が初のコラボレーションを実現。会場内「和菓子の間」にはお茶席が設けられ、その世界観を楽しめるプレミアムチケットを1日200名限定で販売する(全国のセブン-イレブンチケットで2月中旬より販売開始予定)。


【イベント情報】
江戸桜ルネッサンス &夜桜うたげ
会場:日本橋三井ホール
住所:東京都中央区日本橋室町2-2-1コレド室町5階
会期:3月7日から3月30日
時間:11:00から23:00
入場料:当日料金 一般1,000円

金魚舞い散る新感覚花見体験「江戸桜ルネッサンス&夜桜うたげ」開催

《原田@HEW》

関連ニュース

特集

page top