国内クライアントPC、家庭市場の成長が2006年以降最低に | RBB TODAY

国内クライアントPC、家庭市場の成長が2006年以降最低に

ブロードバンド その他

2006年~2013年 国内PC市場出荷台数/前年成長率: 家庭/ビジネス別
  • 2006年~2013年 国内PC市場出荷台数/前年成長率: 家庭/ビジネス別
  • 2013年 国内PC市場ベンダー別出荷台数
  • 2013年第4四半期 国内クライアントPC出荷台数トップ5ベンダーシェア、対前年成長率(実績値)
 IDC Japanは2月12日、日本国内における2013年(1月~12月)年間のクライアントPC市場出荷実績値について発表した。

 2013年のPC出荷台数の内訳は、家庭市場が前年比22.3%減で586万台、ビジネス市場が同比21.4%増の976万台だった。ビジネス市場は、アベノミクスによる景況の改善と、2014年4月に予定されているWindows XPサポート終了に伴う買い替え需要が寄与して、2006年以降では、2010年に次ぐ高成長となった。

 一方で、家庭市場は、2006年以降で初の20%超えマイナス成長となった。タブレットなどの普及が大きく影響したとみられる。

 2013年のベンダー別動向を見ると、ビジネス市場に強いベンダーであるDellが、前年比28.5%増と復調。家庭市場向け出荷比率が高いソニー、エイサー、ASUSなどが、マイナス成長となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top