引き続き9日にかけて広い範囲で雪 気象庁発表 | RBB TODAY

引き続き9日にかけて広い範囲で雪 気象庁発表

ブロードバンド テクノロジー

千葉県市川市(8日午後)
  • 千葉県市川市(8日午後)
  • 気象庁ホームページ
 気象庁予報部は8日午後、気象情報を発表。それによると東日本と東北地方では、引き続き9日にかけて、広い範囲で雪が降り、太平洋側の平野部でも大雪となる。

 西日本太平洋側で大雪のおそれはなくなったが、東日本と東北地方は太平洋側の平野部でも広い範囲で大雪となっており、関東甲信地方では多くの地域で大雪警報が発表されている。9日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、東北地方:50センチ、関東甲信地方:30センチ、東海地方:15センチの見込み。

 また東日本太平洋側の沿岸部を中心に風が非常に強く、海は広い範囲でしけている。東北地方から東日本にかけての太平洋側は、海上を中心に、9日にかけて非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込みだ。雪を伴って猛ふぶきとなるところもある。特に関東地方の海上では、8日夜遅くから9日明け方は、猛烈にしける見込みだという。

 交通機関は、JALとANAの空の便は、8日の東京羽田空港の発着便について、全便の欠航が決定している。東京成田空港の発着便は平常どおりの運航を予定している。

 JR東日本の新幹線各線(東北、上越、長野、山形、秋田)はほぼ平常通り運転されている。東海道・山陽新幹線は40~100分程度の遅れ。山陽新幹線は天候回復に伴い徐行速度が緩和された。

 高速道路は東北道(川口JCT~佐野藤岡IC)上下線、関越自動車道(練馬IC~月夜野IC)上下線、中央自動車道(八王子料金所~中津川IC)などで通行止めになっている。中国自動車道の通行止めは解除、山陽自動車道の通行止め区間も西から解除されつつある。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top