NTTドコモら、無料の公開オンライン講座「gacco」開設……受講生を募集 | RBB TODAY

NTTドコモら、無料の公開オンライン講座「gacco」開設……受講生を募集

ブロードバンド その他

「gacco The Japan MOOC」サイト
  • 「gacco The Japan MOOC」サイト
  • 利用イメージ
  • 提供予定講座(2014年2月3日時点)
 NTTドコモとNTTナレッジ・スクウェアは2月3日、日本初の大規模公開オンライン講座(MOOC)提供サイト「gacco(ガッコ)」を開設した。同日から受講生の募集を開始し、4月14日より順次開講する。

 「MOOC」は、Massive Open Online Coursesの略で、Web上で誰でも無料で参加可能な、大規模かつオープンな講義を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービスを指す。2012年より米国を中心に、主要大学および有名教授によるオープンオンライン講座が公開されている。

 「gacco」(gacco The Japan MOOC)では、大学教授陣による本格的な講義を、学生・社会人が、パソコンやスマートフォン、タブレットによりオンラインで無料受講できる(一部有料)。日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)の公認を受け、ドコモとナレッジ・スクウェアが共同で提供する。JMOOCは、講師の推薦やサポートを行う。

 4月14日に開講する東京大学 本郷和人教授の「日本中世の自由と平等」、慶應義塾大学の村井純教授、早稲田大学の栗崎周平准教授による3講座の受講生を現在募集中。受講生は、10分程度の講義動画を1週間に10本前後視聴し、自己学習や他の受講生との掲示板を通じたディスカッションにより理解を深め、進行に応じて提示される選択式テストやレポートなどの課題に取り組む。講義を受講後、最終テストなどに取り組み、修了条件を満たすと「修了証」を取得できる。NTTドコモらは今後、この「gacco」の修了証をキャリアの証明などに活用できるよう、企業や大学に対して働きかけを行う予定。

 なお、東京大学の本郷和人教授の講座においては、オンラインで学習した内容をもとに対面で発展的な講義を行う「反転学習コース」を、有料で提供する。学習意欲の高い高校生には、一般の受講生とは別の無料枠を設ける。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top