ソフトバンク、3辺狭額縁デザイン採用の4.5型「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」の事前予約を開始 | RBB TODAY

ソフトバンク、3辺狭額縁デザイン採用の4.5型「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」の事前予約を開始

IT・デジタル モバイル

3辺狭額縁デザイン採用の4.5型「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」
  • 3辺狭額縁デザイン採用の4.5型「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」
  • 4.5型「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」
  • 「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」カラーバリエーション
 ソフトバンクモバイルは31日、2013年9月に発表したIGZOディスプレイ搭載の4.5インチスマートフォン「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」(シャープ製)の事前予約を開始した。発売は2月下旬以降の予定。ボディカラーはターコイズ、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、ゴールド、ライトピンク、ビビッドピンクが用意されている。

 「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」は、2013-2014冬春モデルとして発表されたモデル。4.5インチディスプレイ搭載で「EDGEST」と呼ばれる3辺狭額縁デザインを採用しており、4.5インチのスマートフォンとして世界最小サイズとなる。また、パネルは487ppiと高密度なIGZO液晶となっている。

 OSはAndroid 4.2、プロセッサはクアッドコアのMSM8974(2.2GHz)、メモリ2GB、ストレージは16GB。カメラはメインが1310万画素CMOSで、F1.9のレンズ、オートフォーカス機能などを搭載する。また、カメラをかざすとリアルタイムで英文を日本語に表示する「翻訳ファインダー」も装備される。

 ネットワークは、下り最大76Mbpsの「SoftBank 4G(AXGP)」と下り最大110Mbpsの「SoftBank 4G LTE(FDD-LTE)」が利用できる「Hybrid 4G LTE」に対応する。ワイヤレスはIEEE802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi、Bluetooth 4.0、そのほかワンセグ、防水(IPX5/IPX7)、NFC、おサイフケータイ、テザリング、GPS、赤外線通信といった機能を装備する。連続通話時間は3Gで約1000分、連続待受時間は4G LTEが約450時間、4Gが約380時間、3Gが約550時間。本体サイズは幅63mm×高さ124mm×奥行9.9mm、重量は117g。

 ソフトバンクモバイルでは、同機の発売を記念して「303SH いよいよスタート!プレゼントキャンペーン」を今日から開始。アンケートに回答すると、プラズマクラスター対応加湿空気清浄機などが当たる。期間は1月31日~3月7日18時まで。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top