「非接触ICクレジットデータ」の発行サービスを、凸版印刷が日本初提供 | RBB TODAY

「非接触ICクレジットデータ」の発行サービスを、凸版印刷が日本初提供

エンタープライズ モバイルBIZ

凸版印刷が開発した「Orico Mobile Visa payWave」専用UIアプリ画面(C)Orient Corp.
  • 凸版印刷が開発した「Orico Mobile Visa payWave」専用UIアプリ画面(C)Orient Corp.
  • TOPPAN SP-TSMの概要
 凸版印刷は1月29日、NFC対応スマートフォンに向け、非接触ICクレジットを発行する商用サービスを、日本で初めて開始したと発表した。すでに、オリエントコーポレーション(オリコ)の「Orico Mobile Visa payWave」に2013年12月に採用され、運用が行われている。

 凸版印刷では、非接触ICクレジットや電子マネー、会員証などの機能をNFC対応スマートフォンに発行するサービス「TOPPAN SP-TSM」を提供しており、新サービスは、この「TOPPAN SP-TSM」を利用したものとなる。NFC対応スマートフォンの電話番号を特定する固有ID番号が入ったICカード(UICC)内へ、クレジットカード会社に代わって、ネットワークを通してクレジットデータを配信・管理するものだ。

 クレジットカード会社から受け取ったデータを元に凸版印刷がICデータを生成。非接触ICクレジット発行データに加工し、NFC対応スマートフォンのUICCに、ネットワークを通して安全に書き込む。これにより、ユーザーは対応アプリをインストールすることで、スマホをかざすだけでの決済が可能となる。

 今後は、クレジットカード会社のカード会員に対し、クーポンなど優待情報の配信や、GPS機能を組み合わせた加盟店への送客などを可能とするCRMソリューションなど、広く決済関連ソリューションを拡販し、2018年までに関連サービスを含め100億円の売上を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top