山本寛監督が語る「Wake Up Girls!」 第2回“テレビと劇場同時展開” | RBB TODAY

山本寛監督が語る「Wake Up Girls!」 第2回“テレビと劇場同時展開”

エンタメ 映画・ドラマ

(c)Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会
  • (c)Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会
  • (c)Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会
  • (c)Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会
  • (c)Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会
  • (c)Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会
  • (c)Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会
1月10日から、『Wake Up Girls!』プロジェクトが遂にスタートした。テレビではテレビ東京を皮切りに、順次各局で放送開始。さらに同日、映画『劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル』が公開された。

ウェブ配信も含めて様々なメディアを積極的に活用することで、ファンへのリーチを広げているように映る。こうした多面的な取り組みを山本寛監督はどう考えたんだろうか?

ヤマカンに訊く! 山本寛監督が語る「Wake Up Girls!」では、第2回目、ふたつ目の質問として「テレビ放送と劇場公開の同時進行」をぶつけてみた。
同時展開はなぜ生まれたのか?そこから期待出来る効果とは?
そして、スケジュールも厳しくなる同時進行をなぜ選んだのか?
気になる監督の答えはどうだったのだろうか。

[質問]
なぜ、テレビアニメと劇場映画同時進行なのでしょうか?
同時に展開することで作品に対する効果はありますか?
制作のスケジュールがきつくなる(と思えます)。敢えて厳しい道を選んだ理由を教えてください)

[山本寛監督 コメント]

「本当にスケジュールが厳しいです(笑)。

劇場を同時に置いたのは、やはり人々が集ってアイドルを観る、という形にこだわったということです。
ライブに立ち会うかのようにアイドルアニメを観る、ということですね。われわれは「ODS」という言い方をしているのですが、映画本編とくっつけて実際にライブができれば、とも思っています。

それから、これはこちらの都合なのですが、オリジナルで立ち上げからの時間も少ないので、いろいろな場所や機会でこの作品を知ってもらおうじゃないか、という意図もあります。
効果のほどはまだよく解りませんが、より広く知っていただきたいですね。」

テレビ放送が1月17日から第2話2週目に入る。松田が連れてきたプロデューサーの須藤によって、Wake Up, Girls!はなんとか芸能活動を続けられることになる。ところがその仕事内容は・・・。
『Wake Up, Girls!』の新たな展開がスタートする。

ヤマカンに訊く! 山本寛監督が語る「Wake Up Girls!」 第2回“テレビと劇場同時展開”

《animeanime》

関連ニュース

特集

page top