【CES 2014】Huawei、大画面6.1型「HUAWEI Ascend Mate2 4G」……大容量バッテリ搭載で他機へ充電も可能 | RBB TODAY

【CES 2014】Huawei、大画面6.1型「HUAWEI Ascend Mate2 4G」……大容量バッテリ搭載で他機へ充電も可能

IT・デジタル モバイル

大画面6.1型の「HUAWEI Ascend Mate2 4G」
  • 大画面6.1型の「HUAWEI Ascend Mate2 4G」
  • 「HUAWEI Ascend Mate2 4G」はホワイトとブラックの2色展開
  • ブラックモデル背面
  • ホワイトモデル背面
 中国Huaweiは6日(現地時間)、6インチを超える6.1インチディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「HUAWEI Ascend Mate2 4G」をCES 2014で発表した。

 スマートフォンとタブレットの中間にあたる“ファブレット”端末と位置づけられるグローバルモデルで、昨年のCESで発表された「Ascend Mate」の後継モデルとなる。ディスプレイは6.1インチ(1,280×720ピクセル)IPS液晶、OSはAndroid 4.3、プロセッサは1.6GHzのクアッドコア、メモリ2GB、ストレージ16GBのハイスペックモデルとなる。カメラは背面に1300万画素、前面に500万画素。前モデルからはOSがAndroid 4.3になり、カメラも強化された。

 バッテリが4050mAhと大容量なのも特長のひとつ。前モデルから30%増の長時間駆動を実現しているほか、他のスマートフォンへの充電も可能。モバイルバッテリとしても利用できる。

 デザイン面では片手での操作を考慮し、できるだけ本体サイズを小さくするために狭額縁設計となり、前モデルから0.4mmの薄型化も図った。操作面でも片手でも操作しやすい同社独自のUIを採用。大画面を利用して複数のアプリを表示するマルチタスク、手袋をしたまま操作できる「Gloves Mode」なども備える。通信では下り最大150MbpsのLTE(カテゴリー4)のほか、中国で普及するTD-LTEにも対応する。Wi-FiはIEEE802.11 b/g/nのほかBluetooth 4.0も装備。本体サイズは高さ161.0mm×幅84.7mm×奥行9.5mm、重量は202g。カラーはブラックとホワイトの2色。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top