瀧定名古屋来冬はウール使いに注目 | RBB TODAY

瀧定名古屋来冬はウール使いに注目

エンタメ その他

馘首起毛ウール素材
  • 馘首起毛ウール素材
  • エアリーなニット素材
  • キュプラ混クレープ
  • シャギー素材のコート(右)
  • 圧縮ニット(右)
瀧定名古屋は2014冬素材で特にウール関係に注目する。今秋冬に国内のウィメンズトレンドゾーンでウールのメルトンコートが注目されたことから、それが来冬には更に広がるだろうと予測する。

国内のウィメンズアパレルはメルトンに注目しているが、欧米ではシャギーに注目が集まっていることから、あえてシャギー素材や起毛素材を打ち出した。

秋冬プレビュー展で打ち出した四つのグループのうちから、シャギー素材や起毛素材、獣毛混ニット素材などが集積された「バルミーハート」のグループを特にクローズアップした。ウールを主体としたソフトな起毛素材をベージュやピンク、ローズ、赤などをベースとした色使いで提案する。変わったところではキュプラ混のソフトなクレープ素材や今秋冬に国内でトレンドのソフトメルトンもそろえる。

今秋冬の素材販売では、ソフトメルトンを含めたウールの布帛素材が全般的に好調で、アルパカ混やモヘア混の軽くてエアリーな素材に人気が集まった。ニットでもエアリーな素材が人気を集めており、段ボールニットや3Dジャカードニットなどの引き合いが強かったという。
《ファッションライター南充浩》

関連ニュース

特集

page top