全日空、1万台のモバイル端末を内線化!NTTコムのクラウド型音声基盤導入 | RBB TODAY

全日空、1万台のモバイル端末を内線化!NTTコムのクラウド型音声基盤導入

 全日本空輸(ANA)は、グループの全世界の拠点、空港内オフィス、拠点外から利用する音声基盤を、NTTコミュニケーションズのクラウド型コミュニケーションサービス「Arcstar UCaaS」を活用して構築。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
ANA新音声基盤イメージ
  • ANA新音声基盤イメージ
 全日本空輸(ANA)は、グループの全世界の拠点、空港内オフィス、拠点外から利用する音声基盤を、NTTコミュニケーションズのクラウド型コミュニケーションサービス「Arcstar UCaaS」を活用して構築、2014年から運用開始する。拠点ごとに保有しているPBX(宅内交換器)をクラウドサービス利用に転換する。

 ANAではパイロットや客室乗務員、地上勤務職員など約33,000人の生産性・サービス品質向上を目指す「働き方改革」を推進している。今回の基盤の導入は、同改革を実現するためのICT基盤となる。

 約7,000台の固定電話をIP電話化するほか、約1万台のモバイル端末を内線接続化する。また、デバイス側に連絡先情報や発着信履歴を保存しないクラウド電話帳機能も提供予定。遠隔ロックやセキュリティーポリシーの一元管理ができるセキュアな環境(MDM)をモバイル端末に提供する。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top