バッファロー、IPsec対応のVPNルーター「VR-S1000」を発表 | RBB TODAY

バッファロー、IPsec対応のVPNルーター「VR-S1000」を発表

ブロードバンド 回線・サービス

「VR-S1000」
  • 「VR-S1000」
  • 「VR-S1000」
  • 拠点間接続のユースケース
  • モバイル接続のユースケース
 バッファローは4日、SMB(スモール・ミディアム・ビジネス)・SOHO向けVPN(仮想専用線ネットワーク)ルーター「VR-S1000」を発売すると発表した。同社として初めて市場投入する、業務使用を想定したVPNルーターで、SMBや個人事業主も手軽に導入できるセキュアなリモートアクセス環境の普及を図るとしている。12月中旬から全国のパソコンを取り扱う商社及び代理店等で購入できる。

 「VR-S1000」は、複数の拠点間でVPNを構築できるVPNルーター。拠点間をIPsec VPNで接続することでサーバーなどのネットワーク資産を安全に共有でき、拠点間通信のコスト削減にも貢献するという。

 外出先のパソコン、タブレット、スマートフォンなどのモバイル端末から、オフィスのサーバーや自宅のパソコンにアクセスできる 「L2TP over IPsec」にも対応。IPsec環境で100Mbpsのスループットであれば光回線の帯域をフルに活用でき、安定したVPN通信を可能とする。 同時に10本のVPNトンネルを設立でき、同時に10台のクライアントで、ストレスなくVPN通信を行えるとのこと。

 設定はWebブラウザー表示の日本語メニューで直感的に行える。Telnetやコンソール設定にも対応。本体前面にUSBポートを備え、USBメモリーなどを用いた設定ファイルのバックアップと復旧に活用できるほか、簡易NAS機能により外付けハードディスクによるファイル共有にも対応する。本体サイズは約200×34×162mm。価格は31,290円。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top