会社が許可したWi-Fiのみを表示することで、情報漏えいリスクを回避 | RBB TODAY

会社が許可したWi-Fiのみを表示することで、情報漏えいリスクを回避

ブロードバンド セキュリティ

Wi-Fi環境における「秘文AE AccessPoint Control」でのセキュリティ対策イメージ
  • Wi-Fi環境における「秘文AE AccessPoint Control」でのセキュリティ対策イメージ
  • 「秘文AE APC」を導入すると、許可されたWi-Fiアクセスポイントのみが表示される
株式会社日立ソリューションズは11月27日、クライアントPCでのWi-Fi利用を制御する「秘文AE AccessPoint Control(秘文AE APC)」の販売を11月29日から開始すると発表した。価格は1ライセンスあたり3,150円。企業は本製品により、社内ネットワーク環境として導入が拡大しているWi-Fiの的確な運用を行い、情報漏えいリスクを軽減することが可能になる。

本製品は、クライアントPCでのWi-Fiの利用を制御し、会社が許可したWi-Fiのみを利用可能にするもの。クライアントPCから接続可能なWi-Fiとして、会社が許可したアクセスポイントのみを表示することにより、公衆Wi-Fiや個人所有のWi-Fiルータ、スマートデバイスのテザリング機能など、会社が許可していない経路でのインターネット接続を禁止し、情報漏えいなどのセキュリティリスクを軽減する。同社ではさらに、多様化するワークスタイルにおけるセキュリティ対策として、社外でも社内にいる時と同じセキュリティポリシーを適用可能なソリューションを提供していく予定だという。

会社が許可したWi-Fiのみを表示することで、情報漏えいリスクを回避(日立ソリューションズ)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top