イオン×SBT×ヤフーが連携、ICTを駆使した新しい買い物体験を提供 | RBB TODAY

イオン×SBT×ヤフーが連携、ICTを駆使した新しい買い物体験を提供

 イオンとソフトバンクテレコムとヤフーの3社は11月20日、ICT(情報通信技術)を駆使し実店舗とインターネットを連携させた新しいショッピングスタイルの取り組みを発表した。「イオン幕張新都心店」のオープンを皮切りに、新しい購買体験を高める取り組みを開始する。

エンタープライズ 企業
ソフトバンクテレコムとヤフーが提供する「ウルトラ集客」との連動強化
  • ソフトバンクテレコムとヤフーが提供する「ウルトラ集客」との連動強化
  • スマートフォン向け独自アプリ「撮って!インフォ」(仮称)の提供
  • イオンタブレット端末「A touch Ru*Run」を活用した取り組み
 イオンとソフトバンクテレコムとヤフーの3社は11月20日、ICT(情報通信技術)を駆使し実店舗とインターネットを連携させた新しいショッピングスタイルの取り組みを発表した。「イオン幕張新都心店」のオープンを皮切りに、新しい購買体験を高める取り組みを開始する。

 イオンとヤフーは、今春よりO2Oサービス「ウルトラ集客」を開始している。これに加え今回、12月20日にグランドオープンするイオン幕張新都心店において、3社が協力してICTを駆使した取り組みを提供する。

 具体的には、「ウルトラ集客」との連動を強化し、店内に設置している「ハッピーゲート」からクーポンを取得し、ユーザーが特典を受けることができるサービスをスタートする。また、スマートフォンのカメラを商品のPOPなどにかざすだけでレシピが表示される独自アプリ「撮って!インフォ」(仮称)の提供、「WAON」をより楽しく利用できる「WAONサービスアプリ」の提供、店内で無料インターネット接続を利用できる「イオンWiFi」サービス提供などを開始する。

 またイオンは、イオン幕張新都心店にタブレット端末「A touch Ru*Run」を設置し、活用サービス「タッチ・ゲット」を新たに提供する。「タッチ・ゲット」サービスは、店舗に品揃えしていない商品も取り寄せ・店頭受け取りができるサービス。イオン幕張新都心店を皮切りに、システムや物流のグループ機能を活用し、順次約500店舗で展開する計画だ。その後、2016年度までにマックスバリュをはじめとする約1,100店舗、ミニストップやまいばすけっとなど約2,500店舗で注文商品の受け取りが可能となる予定。

 さらにイオンでは、ヤフーが運営するインターネットショッピングモール「Yahoo!ショッピング」への積極的な参加も行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top