WZソフトウェア、プログラミングに特化したテキストエディタ「WZ Programming Editor」を発売 | RBB TODAY

WZソフトウェア、プログラミングに特化したテキストエディタ「WZ Programming Editor」を発売

 WZソフトウェアは15日、Windows 8/7/Vistaに対応したプログラミング専用の新作ソフトウェアWZ Programming Editor(ダブルゼットプログラミング エディタ)をリリースした。WZ Programming Editorのすべての機能を30日間試用できる体験版も同時に公開している。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
通常編集画面
  • 通常編集画面
  • [Alt+←]キーでカーソル位置のキーワードを俯瞰表示
  • キーワード一括置換も可能
  • ブロック俯瞰をcase文で実行した場合
  • WZ Searchによる検索専用ウィンドウ
  • 補完入力モードをONにして文字入力すると、編集テキストから補完入力候補を一覧表示
 WZソフトウェアは15日、Windows 8/7/Vistaに対応したプログラミング専用の新作ソフトウェアWZ Programming Editor(ダブルゼットプログラミング エディタ)をリリースした。WZ Programming Editorのすべての機能を30日間試用できる体験版も同時に公開している。

 WZ Programming Editorは新機能として、プログラム全体を見渡して編集できる「キーワード俯瞰」、編集テキスト上でリアルタイムに置換の結果を確認できる「キーワード一括置換」、プログラムの制御構造を俯瞰表示する「ブロック俯瞰」を搭載。プログラミング専用の設定や機能を絞り込んだシンプルなユーザインターフェースと、WZの豊富なカスタマイズや強力なアウトライン機能、軽快な操作感が特徴となっている。

 また、変数と関数名を選択入力する「高速補完入力」、編集テキストを保ちながら別ウィンドウで検索できる「WZ Search」が新たに加わり、プログラミング、HTML、プレーンテキスト、データファイルの編集をサポートしてくれる。

 動作環境だが、対応OSは「Windows 7 32bit/64bit 日本語版」「Windows 8 32bit/64bit 日本語版」「Windows Vista 32bit 日本語版」。ただし、Windows 8/7 64bit 日本語版は、32bit互換モードでの動作となる。CPUはマルチコア、メモリは2GB以上を推奨。ディスプレイは1024×768ピクセル以上のフルカラーを推奨。インストール容量は約10MBとなっている。価格は、WZ Prgramming Editor オンライン版が4,998円。WZ8登録ユーザ優待オンライン版が3,990円。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top